第40回日米大学野球は日本が3勝2敗で優勝!

宮台康平

侍ジャパン大学日本代表が新潟・東京・静岡でアメリカ代表を迎え撃った「第40回日米大学野球」が17日に第5戦となる最終戦を行い、日本代表が延長10回に島田海吏が左翼犠飛を放って5-4でサヨナラ勝ち、日本が通算3勝2敗で連覇を果たしました。

日本の大学レベルの野球は大学野球サイトなどの一部の情報サイトでしか情報を得ることはできませんでしたが、最近では“侍ジャパン”が創設されたためにより多くの露出とそれに伴う情報がネット上でも得やすくなったのはファンにとっては大変ありがたいことです。

東京大学から33年ぶりに大学日本代表に選ばれた宮台康平投手に大きな関心が集まり、野球専門サイトのみならずスポーツニュースブログなどでも連日報道されました。宮台は第3戦に先発し、自己最速となる150キロをマークするなど2回3分の2を投げて、5奪三振、3安打、2四球、1失点の結果でした。

東大が野球をやっていて、プロ注目の選手までいるのか?そんなことを思う人が多いのかもしれませんが、たまに逸材と呼ばれる選手がいるんですね。

勝利数や優勝回数ではアメリカ代表が日本代表を上回っていますが、近年は日米の野球力の差は縮まっている、さらには同等であるという見方が強くなってきました。イチローに代表される日本人メジャーリーガーの活躍によって、日本の大学野球レベルも引き上げられているのではないでしょうか。

第50回スーパーボウル:一風変わった楽しみ方がブックメーカーのオッズに!?

Super Bowl 50

日本時間の8日午前8時30分に行われるアメリカンフットボールNFL「第50回スーパーボウル」では、デンバー・ブロンコスとキャロライナ・パンサーズの一戦が行われる。アメリカでは早くもお祭り騒ぎがスタートしており、当日の試合の勝敗はもちろん、スーパーボウルを盛り上げるイベントにも高い注目が集まる。

スポーツの勝敗といえば、イギリス発祥のブックメーカーがある。世界中のスポーツイベントに対して勝ち負けを中心にオッズを提供する「賭け屋」のことであるが、ことアメリカを中心に世界中の関心が高いスーパーボウルでは様々なオッズを発表し、世界中の人々がベッティングを楽しんでいることをご存知だろうか?

例えば、1934年に誕生した老舗ブックメーカーとしてロンドン証券取引所にも上場している「William Hill」は、今回の第50回スーパーボウルに関するオッズを300種類に迫る数を提供しているのだ。

例えば、スーパーボウル関連のイベントの中で最も注目度の高いイベントは、ハーフタームショーであるが、今回は「Cold Play」(コールドプレイ)が出演することが決まっているが、これに関連して「ハーフタイムショーでコールドプレイが最初に歌う曲は?」というオッズが発表されているのだ。このオッズによると、1番人気は「Adventure of a Lifetime」で2.75倍、2番人気は「A Sky Full of Stars」で3.50倍という具合だ。

Cold Play Odds

また、試合前に行われる国歌斉唱を歌うのはレディー・ガガなのだが、彼女が「国歌斉唱の時に着る衣装のメーンとなる色は何色か?」というオッズも発表しており、1番人気が「白」で2.25倍、2番人気が「黒」で4.33倍となっている。

パンサーズのスーパーボウル初制覇なるか?また、引退が噂されるブロンコスのQBペイトン・マニングが有終の美を飾れるか?など注目度の高い試合とともに、こういったブックメーカーの面白いオッズで楽しむのもスポーツの楽しみ方の一つとして加えておきたいところだ。